まいにちを、ていねいに。

料理家・ライフスタイルデザイナー 太田みお Official Website



お菓子の家〜ユニオンチャーチをモデルに


クリスマスに向けて、お菓子の家(ヘクセンハウス)を作りました!

モデルにしたのは、ニューヨーク郊外のタリータウンという村に
ひっそりと建つユニオンチャーチという小さな教会です。

数年前、親友が「きっと、みおが喜ぶ場所だから」と
わざわざマンハッタンから車を走らせて連れて行ってくれた特別な場所です。
シャガールとマティスのステンドグラスに囲まれた、とても美しい教会なのです。
詳しくは、来月のgirls Artalkのコラム「ARTなハーブテーブル」で紹介したいと思います。

生地は、レープクーヘンといって、はちみつを練り込みのばしやすくした生地です。

一度は作ってみたいお菓子の家。
少し時間はかかりますが、クリスマスに向けて楽しく作ってみてください♪
お子様と一緒に作るのも、とっても楽しいと思います。


【材料】
★クッキー生地
無塩バター 80g
砂糖 100g
はちみつ 30g
卵 1個
薄力粉 300g
艶出し用卵 適量

★アイシング
粉糖 200g
卵白 卵1個分
*この分量だと多めですので、必要によって加減してください

★仕上げ用
お好きなハーブや木の実など  *写真は、センテッドローズゼラニウムを使用

1. 好きなデザインの家の型紙を、厚紙で作っておく。(写真の作品は、屋根までの高さが15cm程度です)

2. やわらかくもどしたバターに砂糖を加えてよく混ぜ、はちみつ、バニラオイルを加えさらに混ぜる。

3. 常温にもどしてといた卵を2に混ぜ、ふるった薄力粉も加えて、ひとかたまりになるまで混ぜる。

4. 冷蔵庫でラップにくるんだ生地を1時間ほど休ませる。

5. 打ち粉を使いながら、生地を綿棒で5mmほどの厚さにのばし、型紙を生地にあてながらナイフで切り出す。
 形が崩れないように、クッキングシートをひいた天板に並べていく。

6. 生地の表面につや出し用の卵をハケで塗り、180度のオーブンで15分ほど焼く。

7. 焼き上がったクッキーの熱が取れたら、アイシングを絞り袋に入れて、パーツを接着していく。
 屋根は重たくて固まるまで滑り落ちやすいので、あらかじめ下に支えを置いて固めるとよい。

8.デコレーションで仕上げる。(アイシング、粉砂糖、アラザン等)

*写真の作品のデコレーションに使ったセンテッドローズゼラニウムは、アフリカ原産のハーブで、その名の通り、薔薇のような豊かな香りを持っています。今回は、飾りとして使用しましたが、この葉を焼き込んだクッキーなども美味しく頂くことができます。また、葉を湯船に浮かべると、香りを楽しめるだけでなく、肌の引き締め効果もあると言われています。

0 件のコメント:

コメントを投稿